クラウドの構築インフォメーション

日本では欧米よりコード上の問題が多いということです。クラウドで解析をしてくれるサービスを利用します。

クラウドの構築インフォメーション

クラウドでコード解析をしてレポートをもらう

日本では日本語を使うことになります。基本的には平仮名、片仮名、漢字を使うことになります。部分的にアルファベットであったり、数字、その他の記号を使うことはありますが、その時でも片仮名を利用したりして表現することが多いです。漢字などであれば、それを見るだけである程度意味がわかってくることになります。かぜという言葉において、風と風邪であれば意味が異なりますが、漢字であれば、見ただけでどのかぜのことを示してるかがわかります。
非常に便利な漢字であり、日本語なのですが、その分英語などには弱いということがあります。英語教育がなされているにもかかわらず、英語を話せる人は限られています。より日本語が浸透しているからということが言えるかもしれません。テレビや新聞、メディアにおいても、ほとんどが日本語で行われています。これが、半数が英語で行われているとなると、嫌でも英語で理解したりする必要があります。そういった環境も必要になることがあります。
英語ではありませんが、プログラム言語というのは英語を基準にして作成されているということがあります。ですから、綴りなどでも英単語を利用したものが多いようです。欧米人技術者に比べて、日本人技術者によるものは問題が発生することが多いということです。そこでコード解析をしてもらって、レポートしてもらうようにします。今はクラウドにおいて行ってもらえますから、非常に早く行ってもらえます。完成も早めることができます。

関連サイト

Copyright (C)2017クラウドの構築インフォメーション.All rights reserved.